楽天モバイル契約

公開日:2021年02月23日

2021年2月、楽天モバイル回線を契約しました。また回線を使用する機器としてRakuten Handも同時購入しました。

用途

自宅のネット接続の予備回線として使用する予定です。

オンラインのサービスが充実したおかげで、私の仕事の大半は自宅で作業できます。自宅勤務のプログラマーにとって便利な世の中になりましたね。

が、それはオンラインサービスに接続できなければ、甚大な支障が仕事に発生すると言う事でもあります。自宅ではJCOMを利用していますが、様々な要因でネットに接続できないときがあります。
停電、ルーターの不具合、プロバイダの機器メンテンナンスなどなど。

仕事に余裕があるときなら「あー、仕方がない復旧するまで休むか」も可能ですが、納期が迫っている、他のメンバーの作業に支障がでる、業務にトラブルが発生中など、休むわけにはいかない場合もあります。

今のところ、致命的なタイミングでの不具合はありませんし、多少の時間なら、スマートフォンでのテザリングでカバーできていましたが、予備回線の必要性は感じていました。

以前に、他社のモバイルルーターを契約していたこともあるのですが、毎月約3千円の費用が発生するのに、使用しない月の方が多く、結局解約しました。

そんなところに、2021年1月、楽天モバイルの新サービスが発表されました。

  • 1GBまでの月は無料(ユニバーサルサービス料金は除く)
  • どれだけ使っても月額最大2,980円(税抜き)

回線の維持は月々3円、ガンガン使用した月でも最大2,980円!まさに願ったり叶ったりの料金体系です。
※2021年2月現在

速度

楽天モバイルは、後発なので、ネットワーク網は他のキャリアに及ばす不安定です。後々、充実していくとは思いますが、現状(2021年2月現在)、携帯電話としての普段使いには厳しいです。

しかし私の想定する用途は、自宅(大阪)の予備回線なので、自宅からの通信が滞りなく行えれば十分です。その想定で、速度を計測してみました。
速度の計測には、Rakuten Mobileが提供しているツールを使用しています。

作業机にRakuten Handを置いて速度を計測(屋内)

3回計測しましたが、正直、厳しい結果となりました。

回数受信送信
1回目3.3 Mbps0.1 Mbps
2回目0.4 Mbps0.2 Mbps
3回目1.3 Mbps0.0 Mbps

網戸にしたベランダ付近にRakuten Handを置いて速度を計測(ほぼ屋外)

同じく3回計測しました、屋内に比べれば、おおむね良好ですね。

回数受信送信
1回目9.7 Mbps11.9 Mbps
2回目14.4 Mbps13.7 Mbps
3回目39.5 Mbps12.1 Mbps

実際に一日、窓際に置いたRakuten Handに、ノートパソコンからテザリングで接続して仕事をしてみましたが、普段使っているJCOM回線と比べて、遅く感じることはありませんでした。ちなみに、使った容量は約1.7GBでした。

現状では、目論見通りの使い方ができそうなのですが、このまま今のサービス内容を楽天モバイルが維持してくれるかどうかは不透明です。

通信回線に限った話ではなく、無制限をうたうサービスが後から撤回されたり、制限をかけたりするのは、よくありますからね。