MVNO – OCNモバイルONE

公開日:2015年1月25日

ドコモからOCNモバイルONEに移行することにしました。

キャリアの料金体系は基本的にヘビーユーザもライトユーザも同料金です。私はデータ通信は月に2GB以下、音声通話も受ける専門ですので「納得いかないなー」感が強くなりました。
使った分の料金を支払うのは当然ですが、ヘビーユーザ分の補填をさせられるのは不本意ですから。

あと、海外旅行に行くようになったのでキャリアのSIMロックが邪魔になってきました。



本当は、ビックカメラなんば店などで即日にMNPが完了するIIJmioに移行するつもりでしたが、直前でOCNモバイルONEに変更しました。実際にMNP申請し、ビックカメラなんば店に向かうところまで行ったのですが、途中でクレジットカードを忘れたことに気づき断念しました。

その夜、もう一度MVNOを調べ直し、OCNモバイルONEに心変わりしました。人間万事塞翁が馬ですね。

OCNモバイルONEを選んだ一番の理由は留守電機能を付加できることです。
やはり仕事で使用するには、留守電機能は外せません。

IIJmio と ONCモバイルONE の比較

私の観点から「なぜ?」OCNモバイルONEを選んだかを提示します。
あくまで私の観点なので、個々の事情に合わせて、判断することをお薦めします。

音声通話2回線 データ量4GB/月(2015年1月25日現在)
IIJmio OCNモバイルONE
基本料金 3,200円(1,600円/回線) 基本SIM 2,150円
追加SIM 1,150円(700円+450円)
合計 3,300円
データ量繰越 有り 有り
データ容量追加 1,000円/0.5GB(200円/100MB) 500円/0.5GB
留守電機能 無し 有り(300円/月 仕事用のみ)
MNP即日対応 有り(大阪でも可) 有り(ゲオアキバ店のみ)

音声通話2回線で考えた場合、留守電1回線込みのOCNモバイルONEより、IIJmioの方が、400円/月(4,800円/年)お得です。IIJmioにはファミリーシェアプランなどもありますので、3回線ならもっとお得かもしれませんね。
一度、自分の使い方に合わせて検討してみてはいかがでしょう?

でも、やっぱり留守電機能は重要ですよね?

追加SIMでMNP

私用で使っていたSIMを、OCNモバイルONEの追加SIMにMNPしました。追加SIMでMNPが可能かどうか不安でしたが、無事手続きできました。
が、思ったより、めんどくさかったです。

まず、現状(2015年2月15日現在)、音声SIMの追加手続きは電話のみでしか受け付けていません。さらに、実際の申し込み手続きはWEBで行い、しかも1枚目と同じように全項目を入力し、身分証明書も添付する必要があります。

新しいSIMが届くまでの手順は以下でした。

  1. 木曜日午後:OCNに電話
  2. 木曜日夜(PM 9:00ぐらい):WEBで申し込み手続き
  3. 土曜日午前:ドコモの回線が停止
  4. 日曜日昼:新しいSIMが到着

丸1日ぐらい回線が停止しますので、MNPするときは注意して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。