着物で海外旅行

ノリで実行した「着物でイギリス旅行」でしたが、受けもよく、思っていたよりも不便はなかったので、次回の海外旅行からも着物で行こうと思っています。

全くの着物初心者だったため「どこで購入するの?呉服屋?」という所から始まりましたが、いろいろと情報を集めていると意外に手軽だということがわかってきました。

初心者である私が気になったのは

  • 着物って高価
  • 手入れは?
  • 着付けが難しい

です。

安価な洗濯できる着物

着物は、人ごとに寸法を測って作成するのが正しいらしいです。
ただ、そうすると、どうしても、ある程度の時間とお金はかかります。

それ自体は納得できるのですが、初心者にとっては第一関門となります。「試してみたいだけなのに、そこまでしたくない」ってのが本音です。
ですが、幸いなことに昨今は、身長に合わせた安価な既成品が通販で手軽に購入可能です。

私が購入したものはアンサンブル(着物と羽織のセット)で1万円ほどで、洗濯機で洗濯でき、アイロンも可でした。

また、本来なら着物を着るときは、肌着として襦袢を使用するらしいのですが、私はレギンスとV字ネックのヒートテックを着用していました。
もう少し慣れてきたら襦袢も使ってみます。たぶん。

着付けに便利な小物達

初心者にとっての第二関門、着付け。

私は、着物で2週間の海外旅行を実践しましたが、未だに帯を結べません
そんな私が使用していたのは

  • ワンタッチ帯
  • ゴム製ウェストベルト

です。

ワンタッチ帯

ワンタッチ帯は、マジックテープ(面ファスナー)で着脱する方式で、帯を結ぶ必要がありません。結びは既にできています。解いてはいけません!
kimono_obi_mt

マジックテープのフックとループ面を合わせ、腰にグルっと巻き、最後に結び目の先に付いている部分を帯の中に入れます。この先にもマジックテープが付いています。

ゴム製ウェストベルト

ゴム製ウェストベルトは、帯の下に使用するもので、着崩れを防ぎます。
形状はアルファベットの小文字のキュー「q」に似ています。丸の部分に胴体を通し、突起の先のクリップ型の金具を衿先に留めます。

kimono_belt_close

丸の部分は外せますので、そのまま腰に巻きつけ留めれます。

kimono_belt_open

私は最初気付かず、足からくぐるようにして付けていました。。。「付けにくいなー」と思ってたんですよね。
また、クリップ部分は、あまり役に立ちませんでした、簡単に外れます。着物の厚みや歩き方にもよりますので一概に役に立たないとは言えないですが。

私が購入し使用したものは、いかにもゴムという作りでしたが、帯柄のものもあります
私は、もし空港の保安検査場でクリップの金具がひっかかり、帯を外してコレを見せるのは恥ずかしかったので、飛行機に乗る時は外していましたが、帯柄のウェストベルトなら恥ずかしくありませんね。たぶん。

羽織紐マグネット

その他に、マグネットで開閉する羽織紐もあります。

haori_himo_m_close

haori_himo_m_open

実は私は、羽織紐の存在を知らず着用しないでイギリスに行ってしまいました。
風に羽織があおられて大変でした。

このように、いろいろと便利な小物があり、初心者でも気負わずに着物を着られます。
皆様も、気楽に着物を始めてみては、いかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。