エディンバラ – 2日目 スコットランド国立博物館

公開日:2014年10月14日

10月12日、本日は、連泊で部屋を確報できなかったため、一度チェックアウトします。早めにチェックアウトして、チェックイン時間まで荷物を預かっててもらおうと、
「Could you keep my luggage until my check-in time?」
と練習して挑みます。



ホテルのレセプションでチェックアウトを告げると「あなたは、続けて部屋の予約がありますね」っぽいことを言われたので「Yes」と答えて、ホテルバウチャーを見せたら「そのまま、今の部屋に泊まってください」と言われました。

が、私は融通がきかない、と言うか、うまい話は疑ってかかる性分なので「えっ?なんで、部屋のレベル違うよ!」と食い下がり、「後、Wifi使ったけど有料だよね?この料金は?」と告げます。
で何やら説明をしてくれたのですが。。。わかりません。もっと簡単な英語でお願いします。10分ぐらい問答した結果以下のことが判明しました。

  • 部屋は変わらなくて良い
  • Wifiは無料

Wifiの認証画面で「部屋番号と名字」を入れて続けるボタン以外に「Connect」ボタンがあり、こちらを使ってと言われました。
どうやら「HILTON EDINBURGH GROSVENOR」のWifiは無料で使えるようです。

また、私の泊まっている部屋は従業員用のエレベータがあり、結構うるさい場所なので、ホテルとしては、後回しにする部屋なのかも知れせん。次の日からは平日なので、客も減るでしょうから。

が、私の英語力は、そんなに高くないので間違っている可能性もあります。
チェックアウト時に、いろいろ請求されたら怖いなー。

なお、本ブログでは無料でWifiを使えることを保証するわけではないので、ご了承ください

経路

気を取り直して、この日はスコットランド国立博物館に行きます。
この博物館には、世間を騒がせた「クローン羊のドリー」がいます。訪問の第一目的です。

が、結局ドリーは見れませんでした。
ドリーが展示されているエリアは2016年まで工事中です。なんですと!

さて、そんな結果が待っている事は、つゆ知らず、いつも通り「地図ごしらえ」による経路検索ですが。。。

map-select-scotland-museum

map-route-scotland-museum

またしても、裏道っぽい経路が表示されます。
うーん最短経路なんやろうけど、観光客には優しくないなー。

スコットランド博物館

経路どおりに行くと、やっぱり、人気が少ない路でした。目的地には到着できるのですが不安になります。

博物館の建物は2つに分かれいて、片方は吹き抜けなっています。ドーンと巨大展示物が置かれています。

scotland-museum-1

こちらの建物は子供に大人気です。日曜日と言う事もあり家族連れで賑わっています。

scotland-museum-2

動物の生態系についての展示が豊富です。
鳴き声で動物の種類を当てたり、自分の体重を動物に例えると何になるか?など体験型の設備もあります。

scotland-museum-3

触れる展示物もあります。

scotland-museum-4

異国の文化も発見。

scotland-museum-5

scotland-museum-6

日本の文化もありました。

scotland-museum-7

そして、疲れた人にもやさしい。

もう一方の建物はスコットランドの歴史博物館でしょうか?詳細は知らないですが、そんな感じでした。

scotland-museum-8

scotland-museum-9

scotland-museum-10

武器関係が多い。

scotland-museum-11

ギロチン、怖っ!

scotland-museum-13

文化的な展示も当然あります。

scotland-museum-12

スコットランドと言えばゴルフ

スコットランドの歴史を堪能し、帰路に着きます。

帰路

来るときは裏道(ってわけでは無いか)を通ったので、今度は賑やかなロイヤル・マイル経由でホテルに帰ります。

ロイヤル・マイルを歩いていると、突然、話しかけられました。
着物に反応。。。したわけではなく、何やら、バス代が無いから貸してくれ的なことを言ってきます。

噂の寸借詐欺!か、どうかはわかりませんが、異邦人感たっぷりの着物姿の観光客にお願いするのも奇妙です。仮に、これが寸借詐欺で、私が支払った場合「着物は狙いやすい」という認識を与えてしまいます。これは不味い。
「I have only credit card.」
撃退。。。いや、防御ですね。防御しました。

ホントーだったら悪い事したなーと思っていましたが、ロイヤル・マイルの大道芸を見てから帰宅する30分後、その近くで、同じように通行人に声をかけていたので、やっぱ詐欺なのかなーと、ホントの事は分かりませんけどね。

帰りに見かけたバグパイプを吹く少年、1ポンドいれてから撮影します。
スコットランドでは、チェックのスカートを履いている男性もいるからか、着物姿でもあまり注目されません。

scotland-museum-14

ちなみに土産物屋で男性用、女性用のチェックのスカートが売っているのですが、比較的、女性用の方がミニです。

scotland-museum-15

頭、あたまー!的なツッコミ待ちの像もありました。
そして、この日は終了です。ドリー見たかったなー。

前の投稿

エディンバラ – 1日目 エディンバラ城

次の投稿

エディンバラ – 3日目 ホリルードハウス宮殿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。